普通自動車登録

相続を伴う登録について

 車検証に載っている所有者の方が亡くなられた時、次に車の名義を変えたいときは相続を伴う登録になります。
相続人が確定したら書類を用意して頂くのですが、相続のケースがいくつかありますので、用意して頂く書類とあわせてご紹介致します。

※相続人の確定方法はこちら

 原則は(1)または(2)の申請書類が必要です。ただし、車を査定してもらった金額が100万円以下の場合であれば③の書類で登録できます。

(1)共同相続登録に必要なもの

1.共同相続人全員の印鑑証明書、委任状に実印
2.被相続人と相続人全員の相続関係全てが証明でき、かつ被相続人の死亡が確認できるもの。戸籍謄本、除籍謄本、住民票など。

(2)単独相続登録に必要なもの

1.遺産分割協議書に相続人全員の住所、氏名、実印を押したもの
2.単独相続する方の印鑑証明書、委任状に実印
3.被相続人と相続人全員の相続関係全てが証明でき、かつ被相続人の死亡が確認できるもの。戸籍謄本、除籍謄本、住民票など。

3.100万円以下の車を相続登録する場合に必要なもの

1.遺産分割協議成立申立書に単独相続人の住所、氏名、実印を押したもの
2.単独相続する方の印鑑証明書、委任状に実印
3.被相続人と相続人全員の相続関係全てが証明でき、かつ被相続人の死亡が確認できるもの。戸籍謄本、除籍謄本、住民票など。
4.車の査定書(100万円以下であること)

※車の査定は、ディーラーで査定してもらうか、日本自動車査定協会がありますので、各自で連絡を取って査定してもらって下さい。

連絡先:日本自動車査定協会 広島県支所(広島運輸支局の隣にあります)
電話082-294-1261 必ず予約を取ってください。車の持込と車検証が必要です。

約1時間で査定書が発行されます。料金は普通車の場合約7,000円です。