相続人の確定方法

 色んなケースがありますが、何例か挙げてご紹介致します。この中で当てはまらないケースは直接御電話にて承ります。

1、死亡された方(所有者)に、配偶者とお子様がいらっしゃる場合は、配偶者とお子様が相続人です。

※お子様が未成年の場合は、登録に別途書類が必要です。


2、死亡された方(所有者)に、配偶者がいてお子様がいない場合は、配偶者と死亡された方の御両親が相続人です。(御両親が1人しかいらっしゃらない場合は、配偶者と片親様です。)


3、死亡された方(所有者)に、配偶者がいて、お子様と御両親がいない場合は、配偶者と死亡された方の兄弟姉妹が相続人です。


4、お子様、御両親、兄弟姉妹が誰もいない場合は、配偶者のみが相続人になります。

遺言書や遺産分割協議書がある場合は、その内容の通りの相続になります。