広島市の車庫証明と自動車登録は「行政書士法人アッパーリンク」(広島運輸支局近く)へ

所在地証明

車庫証明の所在地証明について 

 申請者が法人(本社が県外)で、使用の本拠の位置(使う場所)が広島になる場合、所在地を証明する書類が必要になります。

1 公共料金・家賃の領収書(原本又はコピー)

 公共料金、家賃の領収書については、原本又はコピーの提出のみで可能となります。

 公共料金は以前から提出している、電気・ガス・水道代及び、電話(NTT・KDDIの固定電話)の住所記載のある領収書となります。

 公共料金の領収書に所在地の記載が無い場合、領収期間と同じ期間の請求書に所在地の記載があれば、両方で一つの証明書面として扱います。

2  公共料金・家賃の領収書が提出できない場合の代替書面

 証明書面の原本又はコピーの提出も可能となります。

 この場合の主な証明書面は、営業許可等を証明する書類、課税証明、事業場、事務所で使用する機器のリース契約書等の当該使用の本拠の位置で事業の実態を有することを証する書面をいいます。

3 上記書類がない場合

 以前は認められていなかった郵便物については以下の内容の場合使用できることもあります。

① 2通以上

② 消印がある面に宛先・差出人ともに記載があること

③ 訂正印等で改変していないこと

④ 宛て人が明確であること
個人(本人)、法人(有限会社・株式会社・合同会社・一般社団法人等)

⑤ 宛名シールを貼り付けてある場合は不可となります。

※ 上記の必要書類は発行後3か月以内のものに限ります。

※ なお、原本の提示を求める場合もありますので、ご了承ください。

※ 上記の必要書類は使用の本拠の位置を証する書面として必ず使用できるわけではありませんので、必ず管轄の警察署で確認してください。

powered by HAIK 7.0.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional